読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡辺曜研究委員会

渡辺曜について考察するブログです。

MENU

電撃G’sマガジン2016年9月号を買ったのでレビューっぽいものを

電撃G’sマガジン2016年9月号を読んでみて、渡辺曜研究的に気になるところレビューしていきます。

電撃G's magazine (ジーズマガジン) 2016年 09月号 [雑誌]

1.『ラブライブ!サンシャイン!!』の特集内容

 今回はご覧のとおり『ラブライブ!サンシャイン!!』が表紙なのですが、その中身は高海千歌、桜内梨子、渡辺曜の三人の二年生キャラクターへの質問、そしてそれぞれの中の人へのインタビューが主な内容でした。

 

 今月号から「三号連続で表紙連動大特集」と書かれていましたので、次号では「1年生」が、次々号では「3年生」が表紙込みで特集されるものと思われます。

 

 なかなか読み応えがある内容ですが、ぶっちゃけ表紙だけでも買う価値はあると思います。特に表紙の〈渡辺曜〉の表情は魅惑的ですよね。魔性の女っぽい表情で、渡辺曜ファンには突き刺さるキービジュアルかと思います。表紙のイラストがそのままB2ポスターになった付録も同梱されておりますので、気になる方はお買い求めください。

 

 そんなこんなで中身を見ていきます。

1-1.【画像あり】一部ページのご紹介と情報まとめ

1-1-1.渡辺曜へのQ&A

f:id:homeless467:20160730150400j:plain

1-1-2.Aqoursキービジュアル

f:id:homeless467:20160730165709j:plain

1-1-3.斉藤朱夏氏へのキャストインタビュー

f:id:homeless467:20160730165759j:plain

〈電撃G’sマガジン2016年9月号〉より

 

1-1-4.渡辺曜へのQ&A

  ‐‐Q2「曜ちゃんって勉強できるほうですか?」の質問に対して「まぁまぁ。自分ではできない方じゃないと思う」と答えてますね。毎日Aqoursの練習と高飛び込みの練習に追われて、勉強にはそこまで注力していない様子がうかがえます。本人談を鵜呑みにするならば、「(勉強をしっかり)やればできるがやらないだけ」ということになります(「今年は補習ギリギリセーフでした」とも言ってますね)。

 

 同雑誌に掲載されている漫画にも授業中寝ている描写があるので、渡辺曜にとって学校は「高飛び込み」と「Aqours」の二大政党なのでしょう。

f:id:homeless467:20160730150620j:plain

〈電撃G’sマガジン2016年9月号〉より

 

1-1-5.Aqoursキービジュアル

 ‐‐梨子ちゃんのメッセージより引用すると

桜内梨子「私がいた音ノ木坂学院があったのは、ビルがいっぱいの秋葉原の街で、そこで生まれたμ'sは、千歌ちゃんが言うみたいに、そんな都会の中で本当にキラキラ輝いていました。

でもAqoursは――。

こののどかな緑と海の町で歌うAqoursは、きっとμ'sとはまた違う輝き方をするんだと思うんです。」

〈電撃G’sマガジン2016年9月号〉より

 

 アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』において高海千歌が言う「輝きたい!」という言葉は、「μ's」とほぼ同列の文脈で語られていることが多い印象があります。しかしこのメッセージを見てみると、最終的な「輝き」、すなわち「μ's」と「Aqours」の終着点は別にあることを示唆しているようにも読み取れます。

 

 千歌ちゃんもQ&Aのコーナーにて「内浦でAqoursの定期公演ができたらいい」と発言しています。最終的に「Aqours」がどのような道を進むのか、気になるところです。

 

1-1-6.斉藤朱夏氏へのキャストインタビュー

 ‐‐「しゅかしゅー」こと斉藤朱夏氏はダンスが得意とのことですが、イベントでダンスの振り付けを間違えてしまい、「ダンスで失敗したら、自分のいいところがなくなってしまう気がした」と語っている点が印象深かったです。

 

 本編の渡辺曜にも通じるところがあるようにも感じました。まあ渡辺曜の場合はダンスに衣装づくりにビラ配りと大活躍でしたので、一概に比べられませんが…。まあ、個人の感想です。

 

1-2.その他気になる点など

 他に気になる点としては渡辺曜が「昔から選ぶ色は青か緑の曜です!」と答えているところでしょうか。青はイメージカラーとして理解できるのですが、「どうして緑?」と気になるところでもあります。

 

 もう一つ気になる点としては千歌ちゃんが「小さいころはロングヘアだった」(【高海千歌へのQ&A】より)と発言した箇所ですね。「幼稚園のころはみんな髪が長く、何も考えずにそれに従っていたが、ある日突然切った方が楽と気づいた」とのこと。

 

 どうして髪を切ろうと思ったのか(それなら渡辺曜もロングヘアの時期があったのか?)ということや、「もしやそのきっかけは〈渡辺曜〉だったのでは?」と憶測を巡らせたくなる情報でした(ここからでは断定はできません)。

 

2.総括と感想

 正直に言えばそこまで目新しい情報はなかったというのが第一印象でした(渡辺曜に関しては)。しかし、美麗なイラストの数々、また声優さんのインタビューなど(筆者はそこまで声優さんには詳しくありません)、読み応えのある内容が含まれており、買って損はないというボリュームでした。

 

 特に声優さんについては「キャラとリンクしているところが多い」という情報がとても興味深く感じました。桜内梨子役の「りきゃこ」こと蓬田梨香子氏は「東京から沼津へ転校してきて不安を抱える梨子ちゃんに、学生時代にロサンゼルスへ移住した自身の境遇を重ねていた」という趣旨の発言をしていました。

 

 だからこそ「桜内梨子という役を作りこむのではなく、自然体で演じることが梨子ちゃんらしさを出すことに繋がる」とも。以前にリアルとキャラが連動するのが『ラブライブ!』というコンテンツであるといった話をしたかと思いますが、「声優さんとキャラ」についても相互に影響を与え合っているという話はキャスト3人が共通して語っており、非常に興味深い点だと受け止められました。

*過去記事:〈渡辺曜を再考する②:「境界を超越する渡辺曜」 - 渡辺曜研究委員会

 

 ちなみにフラゲで出回っていた「渡辺曜の嫁力」という画像の出所については、この雑誌かとも思いましたが、すべてのページを見渡しても当該ページは確認できませんでした。ネットで調べてみてもソース元を確認できませんでしたが、少なくとも電撃G’sマガジン2016年9月号」に当該ページは含まれてない、ということだけ明記しておきます。筆者と同じように勘違いされる方がいらっしゃるかもしれませんので、一応。

*〈【フラゲ】渡辺曜ちゃんの嫁力wwwwwwwwww【ラブライブ!サンシャイン!!】 | Aqours☆PUNCH!! ~ラブライブ!サンシャイン!!情報サイト~

 

 さて、今夜は『ラブライブ!サンシャイン!!』5話の放送日ですね! ヨハネ回と思われますが、さてどうなるのでしょうか? 渡辺曜にも出番はあるのか、注目です。

 

 ヨハネ回なのでこれも置いておきます。

f:id:homeless467:20160730150644j:plain

〈電撃G’sマガジン2016年9月号〉より

 

電撃G's magazine (ジーズマガジン) 2016年 09月号 [雑誌]

電撃G's magazine (ジーズマガジン) 2016年 09月号 [雑誌]