読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡辺曜研究委員会

渡辺曜について考察するブログです。

MENU

「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours夏休み課外活動 ~みんなでいっしょに夏まつり~ in 沼津」見たので感想(動画でだけどね)

「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours夏休み課外活動 ~みんなでいっしょに夏まつり~ in 沼津」見たので感想(動画でだけどね)

live.nicovideo.jp

 2016年7月31日に静岡・沼津市民文化センターにて「Aqours」メンバー9人によるスペシャルイベントが開催されました。

 

 筆者は現地には行けなかったので、ニコニコのタイムシフト予約で視聴しましたが、その感想を記そうかと思います。

目次:「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours夏休み課外活動 ~みんなでいっしょに夏まつり~ in 沼津」見たので感想(動画でだけどね)

①まずは筆者の『ラブライブ!サンシャイン!!』のスタンスについて

②イベントの感想

③今後の渡辺曜研究の指針

④渡辺研究庫:資料file-5「Twitter7月29日~30日までまとめ」

まずは筆者の『ラブライブ!サンシャイン!!』のスタンスについて

  まずそもそもとして、筆者はラブライバーを自認できるほど熱心なファンではありません。『ラブライブ!』においては、1期と2期をアニメ単体として楽しみ、スクフェスを少したしなむ程度のファンでした。そのため声優さんやCD曲、ニコ生などについてはあまり触れぬまま、μ'sを見届けることになりました。

 

 そんな筆者ですが、『ラブライブ!サンシャイン!!』のアニメを見て、正確には〈渡辺曜〉というキャラを知り、「なんだこれは!? 研究したい!」と思い開設したのがこのブログ、『渡辺曜研究委員会』になるわけです。

 

 なので、『ラブライブ!サンシャイン!!』という作品というよりは(もちろん今では作品としても大好きですが)、渡辺曜に関心を持ち、分析・考察を加えていくという点でラブライバーとは一線を画す人間だと自負しています。

 

 ただし、最近は考察のためにCDをすべて手に入れたり、グッズ・雑誌などにも手を出し始めておりますので、順調にラブライバーとしての道を歩んでいるのではないでしょうか(笑)。

 

 長々と書いてしまいましたが、要は筆者は『ラブライブ!サンシャイン!!』の声優さんについてほとんど前知識のないまま、そして「ライブをしっかりと見るのは初めて」という状態で、この沼津イベントを視聴したという前提をお話ししておきたかっただけです。次に感想になります。

 

イベントの感想

live.nicovideo.jp

  最初から最後まで圧倒されっぱなしの二時間でした。

 

 冒頭ではキャスト皆さんからの挨拶があるのですが、それぞれコール&レスポンス込みの独自挨拶(10分くらいは挨拶に費やしてた)をしていてまずはそれにびっくり。またそれについてこられるお客さんもすごい!と思いながら見てました(「浦ラジ!!!」こと「浦の星女学院RADIO!!!」やニコ生で決めたのでしょうかね)。

 

 ちなみに筆者は「すわわ」こと諏訪ななか氏の挨拶が一番好きでした。りきゃこさんのは一番難易度が高かったですね…。予習が足りませんでした。ともかく、皆様個性あふれる挨拶と、それ応えるお客さんによる会場の一体感を画面越しながらひしひしと感じました。

 

 ちなみに各メンバーの挨拶はこんな感じでした(順番はイベント当日での挨拶順)。

・「あいきゃん」こと小林愛香氏の挨拶

あいきゃん「おはヨハネ!

観客「おは善子!

あいきゃん「だからヨハネよ!

みんな「「ぴょん!(一緒にジャンプ)」」

・「ふりりん」「あいあい」こと降幡愛氏の挨拶

ふりりん「沼津も一緒に~!

みんな「「頑張るビィ~!!!」」

・「キング」こと高槻かなこ氏の挨拶

キング「お花~!

みんな「「まる!(両手で”〇”を作る)!」」

・「りきゃこ」こと逢田梨香子氏の挨拶

りきゃこ「ビーチ、スケッチ~?

観客「さくらうち~!

りきゃこ「好きな食べ物は~?

観客「サンドイッチー!

・「あんちゃん」こと 伊波杏樹氏の挨拶

通常挨拶

あんちゃん「こんチカー!

あんちゃん「こんちかー!

 

コール&レスポンス版

あんちゃん「かんかん!

観客「みかん!

あんちゃん「かんかん!

観客「みかん!

あんちゃん「かーんかーん!

みんな「「み!・か!・ん!」」

・「しゅかしゅー」こと斉藤朱夏氏の挨拶

しゅかしゅー「沼津に向かって、全速全身!

観客「ヨーソロー!(‐Д-)/(人差し指を前に突き出す)

しゅかしゅー「からの~?

観客「敬礼!(`・ω・´)ゞ(敬礼ポーズ)

・「すわわ」こと諏訪ななか氏の挨拶

すわわ「ご機嫌いかがかな?

観客「ダイブいい感じ!

すわわ「よーし、じゃあハグしよ!

・「ありしゃ」こと小宮有紗氏の挨拶

ありしゃ「ダイヤッホー!

観客「ダイヤッホー!(美しい・きれいな・澄んだ声で)

*「浦ラジ!!!」第16回の放送で、若干修正されたそうです。

・「あいにゃ」こと鈴木愛奈氏の挨拶

あいにゃ「みなさ~ん!シャイニー☆彡!

観客「シャイニー☆彡!

あいにゃ「&ロックオン!

 イベント開始の冒頭挨拶

あんちゃん「1っ、2のっ~?

みんな「サンシャイン!!!

  挨拶は筆者の耳コピのため、正確ではない可能性があります。また会場ごとのバリエーション変化もあると思いますので、あくまで参考程度にお願いします。

 

 その後はキャストそれぞれによる演じるキャラクターの紹介、表現のお時間、お歌のお時間と続きます。

 

 やはりライブは圧巻の一言でした!

 

 冒頭では「青空Jumping Heart」のTV-size、お歌のお時間では1stシングル「君のこころは輝いてるかい?」、「Step! ZERO to ONE」、「Aqours☆HEROES」の順に披露。どれも激しいダンスを含むのですが、特に「君ここ」の馬跳びは筆者もかなりハラハラしながら見ていましたが、無事成功すると思わずガッツポーズ。

 

 またカメラアングルも素晴らしかったですね。「青空Jumping Heart」では生放送にも関わらず、TVアニメのOPのカットを完全再現しており、非常に見ごたえがありました。

 

 しかし「Aqours☆HEROES」の途中から音声にノイズが入り込む機材トラブルが発生。おそらく、誰かのマイクが激しいダンスで破損したことが原因だと思います。しかしライブ中に直すことは不可能であり、しばらくは動画からノイズ音が続きます。

 

 それでもなんとか踊り切った9人。状況から察するにすわわさんのマイク(?)が故障していたようです。生放送ゆえのトラブルですが、それにも屈せずやり遂げたキャスト・スタッフの皆様のプロ意識には最大級の敬意を払うほかありません。

 

 

 ということで、すっかりAqoursイベントを楽しんだ筆者でした。そして次のライブも決まります。

Aqours 1st LIVE

日程:2017年2月25日(土)・26日(日)

会場:横浜アリーナ

【特報】7/31に沼津で行われたイベントにて『ラブライブ!サンシャイン!!』Aqours 1st LIVEの詳細決定! イベントレポートも到着♪ | 電撃G's magazine.com〉より

 

 横浜アリーナで、なんと2Days! 1stライブでこの規模ができることにも驚きですが、それも先輩のμ'sのおかげでもあるんですよね。ここらへんはアニメともリンクしています。

 

 このライブを申し込むにはBlu-rayの特装限定版に封入された最速先行抽選申込券が必要とのことです。Day1のチケットを申し込むにはBlu-ray第1巻特装限定版Day2を申し込むにはBlu-ray第2巻特装限定版にそれぞれ封入されているチケット最速先行抽選申込券が必要みたいです。

 

 ちなみに第1巻の店頭予約締切日は8月17日(水)までとのことなので、店頭予約を考えている方はお早めに済ませた方がいいようです。

 

 はい、というわけで、ライブを見に行きたかったら、やることは一つですね(笑)

 

 

  筆者は日程の調整もありまだ検討中なのですが、ぜひ行きたいとは思っています。今回のライブが、半年後にはどのように進化するのか楽しみですね。

 

 

yusaani.com

www.animatetimes.com

gs.dengeki.com

【参考文献】

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

今後の渡辺曜研究の指針

 さて、ここでは本サイトの目的である「渡辺曜研究」について少しだけ方向性を定めておこうと思います。

 

 というのも、今まではアニメ本編における〈渡辺曜〉ということで分析や考察を加えてきましたが、それだけでは不十分であるということは前々から認識していました。

 

 特にTwitter上でよく見かけるのが「斉藤朱夏はリアル渡辺曜だった」というツイートです。これは過去記事でも繰り返し述べてきましたが、渡辺曜を考えるうえで、その声を吹き込む声優さんやその他メディアとの関連性は無視できないためです。

 

 そのため筆者もCDや雑誌を集め始めたのですが、今後は声優さんのラジオやニコ生についても最低限押さえておく必要性を感じました。特に「ようちか」と「伊波杏樹と斉藤朱夏」は切っても切り離せない関係性にあることはTwitterを見ても明らかです。

 

 ということで、今後は分析の対象領域を広げると同時に、それらによって構成される〈渡辺曜〉に人はなぜ惹きつけられるのかという、本サイトが掲げる問いについて、引き続き考えていこうと思います。

 

 最後に付録として渡辺研究庫を載せておきました。興味のある方だけ参照してください。

 渡辺研究庫:資料file-5「Twitter7月29日~30日までまとめ」

f:id:homeless467:20160721143008p:plain

 2016年7月29日~30日までの「渡辺曜」関連ツイートのまとめです。

 

 

 

TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』挿入歌シングル「決めたよHand in Hand/ダイスキだったらダイジョウブ!」
 
TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』ニューシングル「タイトル未定」

TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』ニューシングル「タイトル未定」

 
TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』ED主題歌「ユメ語るよりユメ歌おう」

TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』ED主題歌「ユメ語るよりユメ歌おう」

 
TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』ニューシングル「タイトル未定」

TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』ニューシングル「タイトル未定」