読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡辺曜研究委員会

渡辺曜について考察するブログです。

MENU

「第2回センターポジション総選挙 最終結果」と「浦ラジ!!!パーソナリティ総選挙 中間発表」まとめ

「第2回センターポジション総選挙 最終結果」と「浦ラジ!!!パーソナリティ総選挙 中間発表」まとめ

第2回センターポジション総選挙 最終結果」と「浦ラジ!!!パーソナリティ総選挙 中間発表」をそれぞれまとめた記事になります。

目次:「第2回センターポジション総選挙 最終結果」と「浦ラジ!!!パーソナリティ総選挙 中間発表」まとめ

①第2回センター総選挙とパーソナリティ総選挙の発表内容

②結果総括

③松浦果南1位の原動力はどこから?

④浦ラジ!!!パーソナリティ総選挙の異質性

第2回センター総選挙とパーソナリティ総選挙の発表内容

  以下、公式サイトより引用です。

f:id:homeless467:20161026223616p:plain

Aqours 3rdシングルのセンターポジションを、みんなの投票をもとに決定する「第2回センターポジション総選挙」。その最終結果を発表します!

f:id:homeless467:20161026223326p:plain

大接戦となった今回の3rdシングルのセンターポジション総選挙。みごと1位に輝いたのは――松浦果南!!
 
今回の総選挙の総投票数は、前回の4.5倍となる26万9608
たくさんのご投票、本当にありがとうございました!!
 
【最終結果速報】『ラブライブ!サンシャイン!!Aqours第2回センターポジション総選挙 結果発表! | 電撃G's magazine.com〈http://gs.dengeki.com/news/86554/〉より

 

浦ラジ!!!パーソナリティ総選挙 中間発表!

f:id:homeless467:20161026223840j:plain

ラブライブ!サンシャイン!! Official Web Site | ニュース〈http://www.lovelive-anime.jp/uranohoshi/news.php〉より

 

結果総括

さて、今回の結果について筆者から少しばかりコメントを。

 

今回の結果のポイントは「三年生の躍進」です。

 

というのも、今回「第2回センターポジション総選挙」で見事一位を獲得した松浦果南さんは前回のセンター総選挙、つまり「第1回センターポジション総選挙」では最下位だったためです。

f:id:homeless467:20161026230652p:plain

ラブライブ!サンシャイン!!』第1回Aqoursセンターポジション総選挙 結果発表!! | 電撃G's magazine.com〈http://gs.dengeki.com/news/47720/〉より

 

 さらに7月より放送されたアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』においても、果南さんの災難は続きます。

 

Aqoursへの加入が最後という物語の進行上の事情もあるとはいえ*1、彼女のセリフ量は他キャラと比較すると相対的に少なく、さらには特定の話数では冒頭のタイトルコール以外には一切の台詞がないという冷遇を受けました。

d.hatena.ne.jp

↑松浦果南の台詞量について、定量的に分析された方がいらっしゃいましたのでご紹介させていただきます。

 

このような背景がありながらも、アニメ放送終了後の「第2回センターポジション総選挙 」中間発表ではなんと2位に躍進

gs.dengeki.com

そして今回の最終結果では、見事1位を獲得するに至りました。総選挙最下位、そしてアニメ本編での比較的厳しい立場からの逆転劇。まさにシンデレラストーリーを体現した存在、それが松浦果南なのかもしれません。

 

松浦果南1位の原動力はどこから?

ただし、Twitterなどを見てますと、「果南さんが1位という結果に対して納得のいかない」という方たちも一定数いるようです(おそらく果南以外に推しキャラを持つ人たちと思われます)。

 

その人たちの言い分としては、アニメ終盤でようやく満足に出番を得た果南さんが、人気投票でいきなり1位になるのはおかしいということなのでしょう。

 

筆者も正直なところこの結果に驚いている人間のうちの一人ですので、明確な答えを持ち合わせているわけではありません。しかし現状から見て、この結果の因果関係をできる限り分析してみましょう。

 

筆者が思いつくものとして、いくつか仮説を用意しました。松浦果南センター1位には以下の要因があるのではないでしょうか。

①アニメ本編で果南の人気ブーストされた説

もっとも無難な推理です。アニメによって人気が出たために、センター総選挙で順位が上がったというもの。

 

では具体的にはどのようなシーンが人気上昇のきっかけとなりえたのでしょうか。

 こちらのツイートで紹介されていた画像(シーン)が、特に人気獲得に貢献したものと考えられます*2

 

しかしながら、アニメの人気ブーストは他のキャラにも適用されるものですから、果南さんのみこの恩恵を受けるという事態は考えづらいです。

 

②果南以外のキャラを推しているファンから支援票を獲得した説

これは中間発表で果南さんが2位になったことで、1位獲得を望めない低順位のキャラを推す人々が、果南さんに支援票を入れたという説です。

 

ラブライブ!』では総選挙をはじめとする順位投票において、「一度1位を取ったキャラは、まだ一位を取っていないメンバーに優先的に譲る」という力学が働いています(これはファン視点での話です)。

 

「第1回センターポジション総選挙」中間1位をとった津島善子さんは、かつて「ゲーマーズ沼津店Aqours看板娘総選挙」で1位を獲得した経験があります。「かつて1位をとった善子よりも、果南が1位を取る方がいい」、そう考えた他キャラ推しのファンの方が、果南さんに票を投じた可能性が高いです。

 

③果南は潜在的人気を秘めており、それがアニメなどを契機に広く知られるようになった説

これは①の仮説と重複する点が多いのですが、つまり電撃G'sマガジンで果南さんは潜在的人気を誇っており、現在の人気はそれらが表面化しただけという説です。

 

筆者はG'sなどの果南さんを見て、彼女は潜在的に人気キャラになれる要素があると常々感じていました。しかしその場合には「第1回センターポジション総選挙」で最下位に甘んじた事実への説明がつきづらく、あまり有力な説とは言い難いです。

 

ただ今回の総選挙の投票数が前回の4.5倍となる26万9608 票ということも明かされましたので、アニメからサンシャインを知ったという新規層などが大量に流入し、その方たちの票が反映されたという可能性は捨てきれません*3

 

以上、三つの仮説を示しました。今回の結果は、これら以外にも様々な要因が合わさって、「果南1位」という形に結びついたものと思われます。

 

何はともあれ、おめでとうございます!

 

浦ラジ!!!パーソナリティ総選挙の異質性

次に「浦ラジ!!!パーソナリティ総選挙」についてですが、筆者はこれは今までの総選挙とは異質なものだと感じています。

 

今回明らかになったものも含め、今までの総選挙の順位をグラフにすると次のようになります。

f:id:homeless467:20161026230359p:plain

↑図は筆者作成:ラブライブ!サンシャイン!!』投票順位の推移

 

このグラフを見るとわかるように、サンシャインの投票順位は比較的に「上位層」と「下位層」の2グループに分かれており、あまり大きな順位変動はありませんでした。

 

しかし、「浦ラジ!!!パーソナリティ総選挙」では大きな順位変動が起きていることがわかります。

 

これは「ラジオパーソナリティを決めるため、中の人の要素が多分に影響している」ことや、「上位3名までが新規イラスト化という入賞範囲の拡大」という総選挙の性質の変化を受けたものであると推察できます。

 

ここでは中間時点でダイヤさん(ありしゃさん)が上位に食い込んでいる点が特筆に値します。また今まで6位を堅持してきた千歌さん(あんちゃんさん)が4位、上位層を維持していた花丸さん(きんぐさん)が最下位になるなど、ラジオパーソナリティとしての資質が、順位変動に大きくかかわっている可能性があります。

 

以上で総括は終了です。当ブログ的には渡辺曜についてお話しするべきなのでしょうが、今回は全体の概要説明を優先したため、見送りとなりました。

 

時間があれば後日記事にするかもしれません。

 

ちなみに「浦ラジ!!!パーソナリティ総選挙」は現在も投票受付中です。投票は以下のリンクから可能です。

 ★スケジュール(予定)
投票期間:10月19日(水)12:00~11月2日(水)23:59
中間発表:10月26日(水)12:00
結果発表は11月13日(日)開催の「スクフェス感謝祭2016 ~OSAKA~」にて行います。

bvc.bandaivisual.co.jp

 「 リスアニ!ガール 総選挙」も投票受付中のようです。投票を考えている方はあわせてご確認ください。

M-ON! Entertainment Inc.〈http://www.m-on-ent.jp/form/lisanitv_lovelive-sunshine/

 

*1:厳密にはAqoursへ最後に加入したのはダイヤということになるかもしれません。しかしここでは三年生3人が最後にまとめて加入したという意味合いで述べられています。

*2:画像は筆者選。個人的な印象ではダイビングスーツから胸をさらけ出すシーンで多くのオタクがノックダウンしたような気がするのですが、真相は不明です。

*3:以下のリンクによれば、μ's時代よりもかなり票数が増加していることがうかがえます。

Aqours第2回センターポジション総選挙」の総投票数wwwwwwwww【ラブライブ!サンシャイン!!】 | Aqours☆PUNCH!! ~ラブライブ!サンシャイン!!情報サイト~http://lovelive-sunshine.info/19660