読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡辺曜研究委員会

渡辺曜について考察するブログです。

MENU

電撃G’sマガジン2017年2月号を買ったのでレビューっぽいもの

電撃G’sマガジン2017年2月号の感想を書いたレビュー記事です。

電撃G’s magazine 2017年2月号

1.レビュー記事が遅れた言い訳

こちらの電撃マガジン2月号は2016年12月27日に発売され、筆者も発売日当日には手に入れておりました。しかし、表紙のマルちゃんの可憐さにノックアウトしてしまい、中身とじっくり向き合うことができませんでした。なんか良すぎて体に良くないみたいな…(謎)

 

というわけで遅ればせながらレビューしていきます。今回は版権イラストを中心にさくさくっと取り上げていきましょう。

2.内容の紹介

今回は花丸ちゃんがカバーガール総選挙のご褒美で表紙を飾りましたが、他のキャラでも気になるイラストが掲載されていましたね。順にみていきます。

2-1.花丸表紙イラスト

f:id:homeless467:20170111001936j:plain

花丸ちゃんとの松月デートイラストです。画像右の花丸メッセージからは初デートで緊張した様子が伝わってきます。いやしかし、初デートでそこまでばっちしオシャレできる人はいないと思います。こんな子とデートできたら、相手は幸せ者ですね。個人的にはデート相手は津島さんでも全然ありですけどね(よしまる派)

 

余談ですが、Twitterなどを見ても今回の花丸1位には納得の声が多かったように思えます。その理由として「花丸ちゃんはどこに連れて行っても目を輝かせて喜んでくれそうだから」といったものがありました。確かに多少文明的なところに連れて行けば「未来ずら~」といいそうなものですし、図書館や喫茶店なら静かに読書デートが、外を一緒に歩けばお散歩デートなど、どのようなシチュエーションでもわりと楽しめそうな気はします。最終的には「あなたと一緒なら、どんなところでも特別に感じられて嬉しいです♡」とか言い出しそうですもんね。なにこの可愛い生き物…?

 

はい、長くなりそうなのでこのへんにしておきます。

2-2.”りこちかなん”イラスト

f:id:homeless467:20170111002031j:plain

おみくじを引いた後の果南、梨子、千歌のイラストのようです。

 

千歌と比べるとやはり大人びて見える梨子ですが、そんな二人の微笑ましいスキンシップを眺める果南も、、お姉さん・年上の風格を漂わせます。この3人の構図はなかなか好きですね。

 

ちなみに果南のメッセージによると、元気にはしゃぐ千歌のことを「子犬のようだ」と評しているのですが、「あれ、そういえば梨子さんは犬苦手では…?」という疑問が一瞬頭をよぎりました。しかし犬嫌いという設定はよくよく思い返せばアニメ版梨子のものなので、G's次元ではそんなことはなかったと記憶しています。果南さんも漫画版では最初にスクールアイドルに勧誘されたりするので、アニメ版とG's版の設定の違いを改めて実感したイラストでもありました。

2-3.お年玉もらった曜! 

f:id:homeless467:20170111002042j:plain

お年玉を手に入れてはしゃいでいる渡辺曜イラストです。

 

画像横のメッセージによると、渡辺さんは計画性が皆無でお小遣いをすぐ消費してしまうといいます。そのためまとまったお金が手に入るお年玉を受け取り、大はしゃぎしているようです。なんというか、アニメ版渡辺曜と比べて、とても子供らしい・無邪気な面が強調されていますね。

 

このような刹那主義的渡辺曜は嫌いではありませんが、どこか人間アピールしているようにも感じられますね。アニメ第2話で進級祝いの携帯を喜ぶ姿と重なるものもあります。まあ筆者も一時期は渡辺曜神学論者を名乗っていましたが、今ではその意見も3割ほどしか保持していないので、あまり表に出ることはないでしょう。少なくともこの渡辺曜はとても人間的ですね。

 

2-4.寒がり曜と梨子

f:id:homeless467:20170111002104j:plain

見ての通り寒がりな渡辺曜のイラストです。

 

画像上の文章によると、梨子視点で「渡辺曜が実は寒さに弱い」ことを言及しています。スクフェス次元では先日スノボに乗りながら水着を披露していた渡辺さんがいたと思うのですが、G's次元では見る影もないようです。 

 

ちなみに背景は沼津モスバーガーなのか存じませんが、下記リンクのような取り組みがあるそうです。

lovelive-sunshine.info

余談ですが、筆者が2016年10月に沼津を訪れた際、沼津バーガーさんで「深海魚バーガー」というものをいただいたのですが、その味が今でも忘れられないんですよね。お隣に沼津港深海水族館というものがありまして、そのせいかシーラカンスを味わっているような気分になれます*1。この話はまだ記事に起こしていないので、機会があれば。

2-5.もっと聞きたいAqoursのことin Winter 

f:id:homeless467:20170111002054j:plain

渡辺曜はスピード狂だそうです。

 

3.総括

簡単にではありますが、レビュー記事でした。

 

本当はもう少し丁寧にやりたかったのですが、今は実生活も忙しくなってきており、なかなかブログに時間が割けないのが困りものです。

 

ところで2017年1月13日は今年初のAqoursのニコ生がありますね。そちらも楽しみです。

live.nicovideo.jp

 

P.S.同誌で話題となっていたのぞえり結婚(?)イラストもおいておきます。

f:id:homeless467:20170111002315j:plain

 

 

【宣伝リンク】

電撃G’s magazine 2017年2月号

電撃G’s magazine 2017年2月号

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

*1:正しくは使用している深海魚は「ニギス」、あるいは現地では「メギス」と呼ばれている魚だそうです